So-net無料ブログ作成

キャッシングで嘘は通用するのか?

皆さんはキャッシングなどを利用するときに嘘の個人情報を記入してみたことってありませんか?
もちろんこれはやってはいけないことなのですけど、どうしても審査に合格したいという願いで
嘘の個人情報を記入してお申し込みをしてしまう人が稀にいるそうです。

ただ、キャッシングにおいてそういった嘘の情報は簡単に見破られます。
今回は、キャッシングの嘘の個人情報について簡単に調べてみました。

どれだけ気をつけていても、審査時に嘘をついてしまっては意味がありません。
新規でキャッシングをする場合には、正直に申告すれば基本的にある一定の限度額の範囲内で
お金を借り入れるようになりますので、審査には合格できる可能性が高いです。

初めてキャッシングを利用するような人は、嘘の情報を書く必要はありません。
しかし、すでに他社からキャレントなどのようなところでたくさん借り入れている人は、
どうしても審査に通過したいからといって嘘の情報を送ってしまうことがあります。

ですが、残念ながらキャレントなどのキャッシング業者さんも商売ですので、
お客様の個人情報はしっかりと調べつくしますし、借り入れの履歴なんてものも調べることが可能なんです。

つまり、年収などに関しても収入証明書を求められますので、嘘はかなりキツイです。
信用情報センターというものをご存知でしょうか?
そこには、利用者のこれまでのキャッシングに関する情報がすべて記入されているんです。
タグ:キャレント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。